PET-CT検査

乳がんの手術をしてから3年が過ぎたため、再発していないかを調べる検査
『PET-CT』を今年受けると決め、今日受けてきました。
いつもの鴨川のK総合病院です。
(PET-CTセンターは敷地内の別棟)

渡された検査の案内にはこう書いてあります。

*PET-CT検査について

がん細胞は通常細胞に比べ、約3~8倍のブドウ糖を消費する性質があります。

そこでブドウ糖に似た検査薬(FDG)を体内に注入し、その集まり具合を画像化すれば体の深部の比較的小さながんを検出できます。

これをPET検査という。
Positron Emission
Tomography
(陽電子放射線断層撮影法)

この検査では、ブドウ糖に類似した放射性薬剤(18F-FDG)を静脈注射いたします。

1回の被ばく量は、約8ミリシーベルト程度。
肺CT検査の約5ミリシーベルトに比べると多くなるが、医学的に問題となる可能性は極めて低い。

***

頻繁に受ける検査ではありません(汗)

手術前、抗がん剤治療が終わった時に一回目。

術後一年経過時に二回目。
そして術後三年経過の今年で三回目です。

被ばく量が多いので、PET-CT検査が終わったらそのまま帰ります。

他の患者さんへの配慮です。
妊婦さんもいますからね。
検査結果を聞きに行くのはは2週間後です。

これを思うと、乳がんの手術後に一ヶ月、ほぼ毎日放射線治療の送り迎えをしてくれた旦那ちゃんには、かなりの放射線を浴びさせてしまったんでしょうね…。

さてさて…
結果を聞きに行くのが待ち遠しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0